iDeCoとNISAと積立NISAって何が違うの?


突然こんな事を書く理由は知ったからです 情報共有の一環です ブログってそういう物です

ただ素人が書くことなので鵜呑みにしないでください あと詳しい人が居たら指摘とかお願いします


iDeCoって?NISAって?

 

iDeCoとかNISAって聞いたことあるけどよくわかんなかったしアレでしょ?お金持ちのやつでしょ?と思っていたので全く気にしていなかったんですが たまたまお金に強い人に年末調整からの還付金からのふるさと納税からの節税方法について聞く機会があったので詳しく聞いてみた感じのをそれぞれ簡単にまとめると

iDeCo

個人型確定拠出年金 老後の不安をどうにかしたいならこれ

職業とか自分の年金制度とかで年間つっこめる金額が変わる

60歳まで貯め続けなければいけない 途中でちょっとだけ下ろすとかできない

でもいざ老後になってお金を貰う時は非課税 凄い

ちなみに運用してくれる商品は投資信託とか保険商品みたいなやつ

 

NISA

少額投資非課税制度 毎月の貯金をただ貯めるだけじゃなくてプロに運用してもらって増やそう作戦

年間投資額の上限は一律120万円 毎月10万円って考えたらなかなかの金額

iDeCoと違うのはいつでもお金を出せるって所 でも非課税枠ってのを再利用できないから

例えば一旦10万円分出します(正確には株を売却します)ってのをやるとその年は出した10万円分の非課税枠を利用できない 最大110万円で戦わないといけない 十分では?

基本的には運用期間は5年らしいけど色々面倒な事をすると10年に増えるらしい これは謎 やる時に各自調べて

運用してくれる商品は投資信託とか株 あと上場している投資信託(ETF)とからしい

 

 

あとNISAでも2018年から積立NISAっていう新しい非課税制度が始まるみたいなのでそっちも説明すると

積立NISA

NISAの弟 なのにNISAより強いと言われている 兄より強い弟多過ぎ問題

基本的な仕組みはNISAと一緒だけど 年間投資額の上限は40万円と控えめ

だけど運用期間は20年 なのでその分最大非課税枠がこっちのほうが上 当たり前ですね

運用してくれる商品は期間が20年と長いので長期投資向きな投資信託とか

 

って感じらしいです

ちなみに3つとも運用時は非課税です

iDeCoが老後のための貯蓄NISAは攻めた貯金 積立NISAは攻めた貯金をしたいけどもう少しコツコツやっていきたいという感じです 勝手なイメージです

結局どれがオススメなの?

知りません

という気持ちですがせっかく検索したり彷徨った結果たどり着いたのにそれはあんまりなので一応聞いたり調べたりした結果を書きます

基本的には自分がいつ どのタイミングでお金が必要になるかなーという目安で決まります

60歳を超えてから贅沢したいとか今の年金制度で本当に貰えるのか心配みたいな人にはiDeCoがオススメです

国が年金制度をゴニョゴニョしても個人年金なので入れた分は貰えます

結婚式とか車の買い替えとか家を建てるみたいなタイミングでお金が欲しいなーって人はNISAがオススメです

iDeCoで貯めちゃうと間に合わないと思います

積立NISAは貯金したいけど老後に対しても少し不安が…みたいな人にオススメ…でいいのかな?わかりません

あとiDeCoとNISAか積立NISAは併用できるので

iDeCoに1万円 積立NISAに1万円みたいな感じで運用すれば老後も安心 中年も安心みたいな感じになれます

分けて使うのが強いっていうのは教わりました

まとめ

自分に合った運用とかプランみたいなのを見つけるのが結構大変だと思うので頑張って下さい

金融機関によって運用できる商品に違いがあったり手数料とかも違うのでそこにも注意してください

個人的に楽天証券がオススメです パンダ可愛いし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です