【見た】帰ってきたヒトラー


アメコミ映画、特にMARVEL映画を見る位で映画ってあんまり見ないんですけど予告を見た時に珍しく「絶対公開日に見たい!!」と思って調べたら最寄りの映画館で一切やっていなかったので泣き寝入りしてDVDが出ていたのすら忘れていました。

僕は忘れていたのにAmazon先生が覚えていてくれて度々オススメしてくれたのでなんとか思い出してDVDを購入することに成功して視聴することに成功しました。

ちなみに原作は手に取ったけど読んでません。


ストーリーはヒトラーが現代にタイムスリップして来て困ってる所を新聞販売店の主人に助けられて居候してたら、テレビ局をクビになったディレクターがタイムスリップしてきたばかりのヒトラーを撮影していて「この人本物のヒトラーに似すぎだろ」って事で探し出して「ヒトラーのそっくりさん」って事でドイツ国内を巡って今のドイツのダメな所とかを聞いて回ったら思いの外評判がよくて、そこからテレビには出るし映画も作っちゃうし持ち前のカリスマ性で信者はどんどん増えちゃうしっていう感じの話でした。

まず映画を見て、というか予告を見て思ったことが「ヒトラー似すぎじゃね?」って事です。

メイク効果なのかちょび髭効果なのか軍服効果なのかわからないんですけどノーメイクでシャツとジーパン履いててちょび髭もない主演の俳優さんを見ても全然似てないのに作中の格好だとそっくり過ぎてビビる。

ヒトラーのあの格好でベルリンを歩くっていうシーンがあるんですけど、撮影スタッフ達は「ぶん殴られるかもしれない」と思ってSPを付けたらしいですからね。(でも実際は殴られるどころか一緒に記念撮影してくれっていう人が大半だったとか)

あと映画撮影だっていう事を隠してドイツ国民に「今のドイツの政治はどう?」みたいなインタビューをしてて移民問題とか賃金とかそういうリアルに困ってそうな事をバシバシ言うんだけどヒトラーが一言二言言った事に乗っかちゃうっていうか同意しちゃってるのが凄いと思いました。

ヒトラーのコスプレをしたヤバイ人っていう認識をしている人もちゃんと居たけど世代的に若い人はそこまで否定的じゃないというかヒトラーの一見強引だけどド正論みたいなので殴られて首を縦に振っちゃってる感じが気持ちいいし怖い感じもした。

映画のオチの部分もあって見終わったら結構怖くなったというか、あの頃のドイツと今のドイツって似てるんだなぁって思ったしヒトラーみたいな人が出てきたら流されちゃうのかもなぁとも思いました。

あと、全体的にコメディだから笑える所が多いんだけど「あれ?これ笑っていいのかな?」みたいなのも多くて箸が転んだだけでも笑っちゃうし、色黒の男優が喘いでるだけでも笑っちゃうような僕でもダメなラインとギリギリOKなラインの判断力を確かめる為にもいい映画だったと思います。

あと色々と映ってるこの犬、射殺されちゃうんでそういうのが苦手な人は覚悟したほうがいいと思います。

僕は覚悟せず見ちゃったので笑うしか無かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です